「バジリスク~甲賀忍法帖~絆の深まる情熱 設定判別・天井・ゾーン

 

バジリスク ~甲賀忍法帖~絆 の魅力と深化されたゲームプレイ」

 

バジリスク ~甲賀忍法帖~絆は、豊富なストーリーと戦略的なゲームプレイでプレイヤーを引き込む、魅力的な忍者アクションゲームです。開発チームは、オリジナル作品からの要素を忠実に受け継ぎながらも、新しい要素を取り入れてシリーズの進化を果たしています。

ゲームの最大の魅力は、緻密に構築されたストーリーにあります。プレイヤーは、甲賀組と伊賀組の忍者たちが繰り広げる熾烈な戦いに巻き込まれ、登場人物たちの絆やドラマを追体験することができます。キャラクターの心情や葛藤がリアルに描かれており、これが物語への没入感を一層高めています。

 

3代目「バジリスク甲賀忍法帖 絆」がシリーズの中でも高評価 / 中古パチスロ実機販売 | パチスロ通販ビッグスロット

ゲームプレイにおいても、バジリスク ~甲賀忍法帖~絆は期待を裏切りません。戦略的な要素が強調され、プレイヤーは仲間と連携を取りながら敵を倒す必要があります。それぞれのキャラクターが持つ特殊な能力や武器を駆使し、戦局を有利に進めることが勝利への鍵です。

新しい要素として導入された「絆」システムは、ゲームプレイに深みを与えています。仲間同士の絆が強まると、連携技や特殊な能力が発動するようになり、戦局が有利に進展します。このシステムはうまく組み込まれており、プレイヤーにチーム全体の連携を考える楽しさを提供しています。

 

ゲームプレイの難易度は適切であり、初心者から上級者まで楽しめるバランスが取られています。また、ヒントやコツがゲーム内で適切に提示されるため、プレイヤーはストレスなく進行できます。ゲームデザインの洗練度が感じられ、プレイヤーのフラストレーションを最小限に抑えています。

総じて、バジリスク ~甲賀忍法帖~絆は、シリーズファンにとって待望の作品となることでしょう。ストーリーの深さ、戦略的なゲームプレイ、新しい絆システムの導入など、多くの要素が絶妙に組み合わさり、プレイヤーを没入させることに成功しています。これは、ゲームレビュー経験者としても、期待を裏切らない高品質な作品であると言えるでしょう。

 

「バジリスク~甲賀忍法帖~絆の絶えぬ戦い」

 

大人気パチスロ「バジリスク~甲賀忍法帖~絆」の正統後継機。

豊富な推測要素や「絆高確」による自力感は完全継承しつつ、シナリオシステムや「絆高確」の自力獲得契機といった新規要素を多数搭載して正統進化。

基本仕様は、1ゲーム2.9枚純増のAT機で、継続システムは継続抽選+シナリオ管理型。

通常時は、3種類の「状態」と、4種類の「通常モード」で管理されており、バジリスクチャンス(BC)当選期待度やBC当選時のAT「バジリスクタイム(BT)」期待度が変化する。

通常時のBCは、BC当選時やBC中の成立役でBT突入を抽選。なお、エピソードBCや上乗せ特化ゾーン「月下閃滅」といった上位BCも搭載している。

BTは、1セット約40G。前半パート「追想の刻」「朧チャンス」と、後半パート「争忍の刻」の2パートで構成されている。

「追想の刻」「朧チャンス」は、BCや「絆玉」を抽選し、「朧チャンス」は「絆玉」獲得率が大幅にアップ。獲得した「絆玉」は「争忍の刻」開始時に消費され、1個以上獲得でBC当選の高確システム「絆高確」が発動する。
※「絆玉」ストックが無くても「絆高確」発動の可能性あり

「争忍の刻」は甲賀衆が勝利orBC当選で次セットへ。なお、継続率は12セット1組のシナリオ管理(全10種類)となっており、シナリオに応じてセットごとの継続率が変化する。

その他、通常時のフリーズ演出から突入するプレミアムBCは、“絆”モード&高継続シナリオのBT確定!?

 

ゲームの流れ

バジリスクチャンス(BC)からAT「バジリスクタイム(BT)」突入を目指すフローを継承している。

ボーナス詳細機械割

設定 バジリスクチャンス(通常時)
1 1/139.4
2 1/132.8
3 1/134.1
4 1/128.1
5 1/125.4
6 1/110.2
設定 バジリスクタイム初当り
1 1/525.6
2 1/453.3
3 1/457.7
4 1/371.4
5 1/370.9
6 1/235.7
※「エピソードバジリスクチャンス」「月下閃滅」「プレミアムバジリスクチャンス」を含んだ確率

 

各役払い出し

プレミアムバジリスクチャンス

バジリスクチャンス

強チェリー

2枚

弱チェリー

1枚
※1個or2個出現時

チャンスリプレイ

REPLAY

ベル

7枚

リプレイ

REPLAY

※プレミアムバジリスクチャンス&バジリスクチャンス以外は、画面上の入賞パターンです

初打ちレクチャー

【通常時】バジリスクチャンス(BC)からAT「バジリスクタイム(BT)」突入を目指す。
【通常時】3種類の「状態」と、4種類の「通常モード」で管理されており、BC当選期待度やBC当選時のBT期待度が変化する。
【BC】通常時のBCは、BC当選時やBC中の成立役でBT突入を抽選する。
【BC】エピソードBCや上乗せ特化ゾーン「月下閃滅」といった上位BCも搭載。
【BT】1セット約40G・1ゲーム2.9枚純増のAT。前半パート「追想の刻」「朧チャンス」と、後半パート「争忍の刻」の2パートで構成。
【BT】「追想の刻」「朧チャンス」は、BCや「絆玉」を抽選。「朧チャンス」は「絆玉」獲得率が大幅にアップ。
【BT】獲得した「絆玉」は「争忍の刻」開始時に消費され、1個以上獲得でBC当選の高確システム「絆高確」が発動する。
【BT】「争忍の刻」は甲賀衆が勝利orBC当選で次セットへ。
【BT】継続率は12セット1組のシナリオ管理(全10種類)となっており、シナリオに応じてセットごとの継続率が変化する。
【その他】通常時のフリーズ演出から突入するプレミアムBCは、“絆”モード&高継続シナリオのBT確定!?
通常時の打ち方とチャンス役について
●消化手順
全リール適当打ちでOK。●チャンス役について
チャンス役成立時は、高確移行やバジリスクチャンス(BC)当選などが期待でき、小役の入賞パターンで期待度が異なる。

<弱チェリー>

※1個or2個出現時

<強チェリー>

<チャンスリプレイ>

<共通ベル>

※払い出し音が変化

内部状態とステージについて

●状態&通常モード
通常時は3種類の「状態」と、4種類の「通常モード」で管理されている。<状態>
「低確」「高確」「超高確」の3種類あり、高確滞在中のチャンスリプレイ成立でバジリスクチャンス(BC)当選に期待。

<通常モード>
A~Dの4種類で、A<B<C<Dとモードが進むほどBC当選時のAT「バジリスクタイム(BT)」突入期待度がアップ。

モードの移行はBT非当選のBC終了時に行われ、BCを引くたびにモードテーブル(全16個)に応じてモードが移行する。

なお、モードテーブルの最終はモードDがセットさせる構成のため、BT非当選のBCを引けば引くほどモードDへ近づくゲーム性となっている。

●通常ステージ
基本となるステージは5種類。

<甲賀卍谷>

<伊賀鍔隠れ>

<佐屋路>

高確に期待。基本的に「甲賀卍谷」から移行するが、法則崩れ発生でチャンス。

<七里の渡し>

高確に期待。基本的に「伊賀鍔隠れ」から移行するが、法則崩れ発生でチャンス。

<吉田宿>

移行した時点で超高確確定!?
※BC前兆中に移行する可能性もあり

チャンスリプレイ成立時は75%の確率でBC当選。さらに、BC当選時はBT突入にも期待できる。

●前兆ステージ
BCの前兆ステージは2種類。

<駿府城>

BC当選時はBT突入のチャンス。

<極駿府城>

移行した時点でBC確定!? さらに、BTへ突入すれば最上位シナリオ確定!?

 [バジリスク~甲賀忍法帖~絆] バジリスク~甲賀忍法帖~絆の始まり 設定判別・天井・ゾーン

 

田中悠斗(評価:4.5/5)

「バジリスク ~甲賀忍法帖~絆」は、忍者アクションゲームの中でも非常にユニークな体験を提供しています。特に注目すべきは、キャラクター同士の絆の深さです。絆がゲーム進行に影響を与え、連携技や特殊能力が発動する仕組みは素晴らしい。仲間たちとの信頼関係を築くことが、戦局を有利に進める鍵となるので、プレイヤーは戦略的な思考を求められます。ゲームプレイのルールも分かりやすく、初心者でもスムーズに楽しめる点が良かった。


 

山田雄一(評価:4.2/5)

「バジリスク ~甲賀忍法帖~絆」は、美麗なグラフィックと緻密なストーリーが相まって、プレイヤーを没入させる力があります。戦略的なゲームプレイにおいて、キャラクターごとの個性や特殊な能力のバリエーションが戦略の幅を広げ、飽きさせません。特に「絆」システムは、仲間たちとの絆を築く楽しみを加速させ、臨場感あふれるバトルを演出しています。唯一気になったのは、一部の難易度がやや高いこと。それでも、挑戦が報われる感覚が忍者らしい興奮を醸し出しています。


 

佐藤拓也(評価:4.8/5)

「バジリスク ~甲賀忍法帖~絆」は、期待以上のゲーム体験をもたらす逸品です。ストーリーの奥深さと、キャラクターたちの絆が物語とゲームプレイに絶妙に絡み合っています。戦略性も高く、敵との緊迫感あるバトルはプレイヤーを引き込みます。特に「絆」の要素は素晴らしく、仲間たちとの絆を築く楽しみがゲームの魅力を一層引き立てています。全体的に非常に完成度が高く、シリーズファンなら絶対に楽しめる作品だと言えます。